ゆうかCoffeeBlog

今月のコーヒー 2019年12月

11月下旬から一気に寒くなり、すっかり冬になりましたね。
朝、お店に向かうときに富士山がきれいに見える日が多くなりました。
富士山が見えるとなんだかうれしくなります(笑)
今年もあと1か月…。
令和最初のクリスマス、お正月を迎えるにふさわしいコーヒーのご紹介です。

 

パナマ・エスメラルダ ゲイシャ 100g入り/2700円(セット価格2160円)

現在のコーヒーで一番注目を集めている品種がゲイシャです。
ゲイシャはエチオピアの原種で栽培が難しく1本の木になる実も少量のため、ほとんど姿を消していました。
そんなゲイシャが脚光を浴びたのが2004年のベストオブパナマでエスメラルダ農園が出品したものでした。
今回ご紹介するエスメラルダ農園はまさにゲイシャを復活させた農園です。
パナマのコーヒーはゲイシャ以外でもきれいでフローラルなものが多く、当店でもとても人気がありますが、エスメラルダのゲイシャはその最高峰です。
粉にするとジャスミンやスイトピーなど様々な花の香りで幸福感を満たし、口に含むとまるでクリスタルのように澄み切った透明感あふれるきれいさに感銘し、香りとともに膨らむリンゴやキウイフルーツのようなすっきりとした甘さに包まれたかと思うとレモンバーベナやミントのようなハーブ系の余韻で清涼感すら感じられ、最後まで優雅で気品があり胸が高鳴る素晴らしいコーヒーです。

近年はパナマの他の農園や中米他国でもゲイシャの木が育ち、テイスティングする機会が増えましたがなかなかゲイシャらしい鮮やかさが感じられないことが多いです。
栽培の難しさや土壌などが関係しているのかなと思います。
エスメラルダのゲイシャはやはり元祖だけあり、初めて味わった時の衝撃を思い出させてくれます。
現在のコーヒーの頂点をぜひとも感じてみてください。

 

グァテマラ・エルインヘルト トラディショナル 250g入り/1944円(セット価格1620円)

エスメラルダ農園と並びスペシャルティコーヒーの頂点に君臨するエルインヘルト農園。
当店でもすっかりおなじみになりました。
エルインヘルトのコーヒーを毎年数種類扱っていますが、それぞれ違う味わいながらもどこか奥の方に共通の風味を感じます。
それは深みのある華やかさとでも言いましょうか、奥深いような感じでどのコーヒーも後を引く魅力があると思います。
それが農園の土壌からくるテロワールなのかなと感じています。
トラディショナルは、口に含んだ瞬間から上質なショコラのように豊かなコクと華やかながらも深みある甘さが一体となって口中に広がります。
冷めてきてもスパイシーさが感じられ、次の一口を誘います。
最後まで満足感のある魅力あふれる素晴らしいコーヒーです。

仲間が毎年この農園を訪れ報告を受けていますが、環境にしても技術にしても現在のコーヒー農園の最高峰でパナマのエスメラルダ農園とともにトップを走り続けています。

世界の頂が垣間見えるエルインヘルトのスタンダード、トラディショナルをお楽しみください。

 

エルサルバドル・アグアカリエンテ 250g入り/1620円(セット価格1080円)

軽やかなコーヒーがお好きな方におすすめのエルサルバドルが新豆に変わりました。
エルサルバドルは中米にある四国くらいの大きさの小さな国です。
コーヒーは古くから栽培されていて中米らしいきれいな味わいが特徴です。
同じ中米でもグァテマラやコスタリカに比べると穏やかな印象で軽やかな味わいです。
アグアカリエンテも私が持つエルサルバドルらしい印象のコーヒーできれいでまろやかな口あたり、穏やかで心地いい甘さとすっきりとした後口でいつ飲んでもホッとやわらぐやさしい味わいです。

飽きのこない素直な味わいはどなたにでもおすすめです。

 

クリスマスブレンド  200g入り/1620円(セット価格1080円)

今年も一番華やかな季節がやってきましたね。
クリスマスブレンドは毎年クリスマスらしい華やかさとケーキに合うちょうどいい濃さを意識してブレンドしています。
華やかな香りとなめらかな舌触り、程よいコクとまろやかな甘みが口いっぱいに広がって心地よい余韻へとつながっていきます。
生クリームでもチョコレートでもその味わいを引き立て、優しく受け流してくれると思います。

クリスマスケーキを引き立てつつ、ひそかに自己主張する風味豊かなブレンドです。

F1 ブラジルGP

昨日の定休日は朝起きて、ダゾーンでF1を寝ぼけながら観戦していました。
ヨーロッパラウンドだと日曜の夜なので、翌日休みだしお酒を飲みながらリアルタイムで観戦できるのですが、昨日は3時くらいだったので、朝起きてから見てました。
今年1番といっていい見ごたえのあるレースで途中から眠気が吹っ飛びました!
レッドブルホンダのフェルスタッペンがポールポジションだったので期待していましたが、見事に優勝!
それだけでなく今年苦労していたガスリーが2位になり、ホンダPUのワンツーフィニッシュ!
ファイナルラップでのガスリーとハミルトンの争いは本当に興奮しましたね!
最後の直線でガスリーがやや引き離したところはホンダPUの進化を感じ、うれしかったです。
マクラーレンと組んで復帰したときは本当に心苦しい時期でしたが、去年トロロッソと組み、今年からレッドブルとも組んでからは本当に楽しませてもらっています。
来年はレギュレーションもあまり変わらないのでさらに楽しませてくれることを期待しています。

今月のおすすめコーヒー 2019年11月

11月になり急に秋が深まってきましたね。
朝晩は肌寒くなり、冬の気配が感じられます。
昼との気温差も激しく体調も崩しやすい時期ですのでくれぐれもご自愛ください。
PayPayのキャッシュレス消費者還元事業の通知がやっと届きました。
11月13日より5%還元になります。お待たせして申し訳ございませんでした。
6月いっぱいまで還元になりますので、この機会にどうぞご利用ください。
新豆が続々入荷してきています。
順番にご紹介していきますのでご期待ください。


パナマ・エスメラルダ ダイヤモンドマウンテン
  200g入り/ 1944円(セット価格 1620円)

エスメラルダ農園はゲイシャという品種のコーヒーを世に送り出したスペシャルティコーヒーを代表する農園です。
私自身は、このエスメラルダ農園とグァテマラのエルインヘルト農園が2トップだと思っています。
ダイヤモンドマウンテンはエスメラルダ農園のカトゥアイという品種のコーヒーにつけられたブランド名です。
ゲイシャはもちろん素晴らしいコーヒーですが、このダイヤモンドマウンテンを飲んでいただければコーヒーは土壌や気候、技術などの大切さ、素晴らしさが伝わってくると思います。
ゲイシャに通じるフローラルで明るい華やかさ、透きとおるような透明感、花の香りに包まれた上品な甘さが口いっぱいに広がります。
オレンジやピーチのキャラクターも顔を出し、冷めてくると白ワインのような複雑で魅力あふれる余韻が長く続きます。
飲むたびに気分が華やぐエレガントなコーヒーです。


エチオピア・モカ ナチュラル  
 250g入り/ 1944円(セット価格 1620円)

先月のイルガチェフに続き、モカナチュラルも新豆が入荷しました。
ちなみにイルガチェフは地名でこのモカナチュラルもイルガチェフ地方のコーヒーで正式名称はイルガチェフG1 ゲデブ ナチュラルです。
ゲデブは地域でG1はグレードでG1が最上位になります。
ナチュラルとは赤い実をそのままドライフルーツのように乾燥させてから中の種(コーヒー豆)を取り出して仕上げたものです。
定番のイルガチェフはウォッシュドと呼ばれる精製方法で実から種(コーヒー豆)を取り出し、水槽で水洗してから乾燥させています。
2つの違いは飲み比べると一目瞭然です。
きれいで上品なウォッシュドのイルガチェフに対し芳醇でフルーティー、コクのあるのがナチュラルです。
イチゴのような甘い香り、ベリーとチョコが重なったような甘さ、艶やかで魅力あふれる風味が余韻となっていつまでも長く続きます。
ナチュラルのコーヒーは好き嫌いが分かれるだろうと思い、このコーヒーをご紹介するまで扱わなかったのですが、予想以上の反響で今では楽しみにしてくださっている方がとても多い人気のコーヒーになりました。
これから寒くなる季節にピッタリのコーヒーだと思いますので、どうぞお楽しみください。

 
冬のブレンド・あかり   250g入り/ 1620円(セット価格 1080円)

冬のマイルド系ブレンドです。
寒い日に安らぎを感じる部屋の明かりや空気が澄んできれいなこの時期に映えるイルミネーションのあかりなどが名前の由来です。
季節のブレンド中では一番コクがあると思いますが、基本的にはやさしさあふれる味わいでブレンドのラインナップの中では一番軽めです。
広がりのある豊かな香り、まろやかでやさしい甘さと程よいコクでブレンドならではの心地よいハーモニーです。
余韻も豊かに安らぎを感じるようなホッとするイメージで仕上げました。
どなたにでもおすすめできるマイルドでバランスのいいブレンドです。


冬の濃いめブレンド・森の時間   
250g入り/ 1620円(セット価格1080円)

チョコレートに合うような・・という基本の味わいは守りつつ、それぞれの季節で彩りが変わる森の木々のように少しずつ変化していく濃いめのブレンド「森の時間」シリーズ。
もともと森の時間は冬に初めて出したので、冬はそのまま森の時間の名前を使っています。
シリーズの中で1番コク深い味わいですが、後口のキレを大事にしていてよくある深煎りコーヒーのような重さは残らない心地よい後口です。
実はチョコレートやクリーム系のケーキなどに合わせるには苦みよりも後口のキレの良さが重要なんです。
甘さやクリームのまったり感をキレのいいコーヒーが中和するようなイメージです。
コクとキレが両方あるこのブレンドは幅が広くブラックでもカフェオレでもエスプレッソでもおいしく楽しめます。