コーヒーについて

スペシャルティコーヒーって何?

今までのコーヒーは、その国のさまざまな地域、地区の豆が混ぜられた状態で輸出されてきました。お米で例えるなら新潟魚沼産のコシヒカリとその他の安価な米や古米が混ざっているような状態です。価格の評価は味ではなく、豆の大きさが普通でした。しかしもっと美味しいコーヒーが飲みたいというニーズの高まりとともにスペシャルティーコーヒーという概念が誕生しました。

コーヒーの味は、育った土地の土壌や気候条件、コーヒーの品種や精製工程等によって、同じ生産国のコーヒーでも異なる風味を持っています。
その異なった風味特性を従来のような欠点を数えていくカップテストでなく、コーヒーの良さや個性に重きをおいたカップテストで評価するのがスペシャルティーコーヒーの特徴です。また、そのコーヒー豆の栽培された農園や生産者、精製方法などを明確にし、農園が取り組んでいる品質管理や環境保護への取り組み等も高く評価し、今まであまり知られていなかった小規模農園の生産者の方々へもスポットが当たるようになりました。

スペシャルティーコーヒーの説明

保存方法

当店で使用しているコーヒー豆袋は、とても保存性が優れた物を使用しております。アルミ製で日光などの光を遮り、特殊バルブの働きでコーヒー豆が発散する炭酸ガスを外に逃がしつつ、外からの空気は袋の中には入らないしくみになっております。余分な空気が入りましたら押し出してあげれば特殊バルブから空気が抜けていきます。

豆のままお買い上げのお客様
(常温で約3週間、冷凍で約3か月が目安です)
当店の袋に入れたまま、3週間程度でしたら常温のままで大丈夫です。それ以上保存する場合は、冷凍庫で保存してください。

粉に挽いてお買い上げのお客様
(必ず冷凍保存・約1か月が目安で)
コーヒーは粉にしてしまうと鮮度劣化のスピードが格段に速まります。お買い上げ後は、空気を抜き速やかに冷凍庫に入れて保管してください。ご使用になる際も、分量を取りましたら素早く冷凍庫に戻してください。

ゆうかcoffee・おすすめの淹れ方

当店では、粉は少し細めに挽くことをお勧めしています。雑味のないコーヒーですので、味の出やすい細挽きで粉の量を少なめにして経済的に抽出することを基本に考えています。粉にしてお持ち帰りのお客様は、普段よりも少し粉を減らして淹れてみて下さい。

ゆうかcoffeeでは簡単に美味しいコーヒーが淹れられるカフェプレスをおすすめしています。 カフェプレスはコーヒーの味わいをダイレクトに味わえるシンプルな淹れ方です。
ペーパーを使わないのでコーヒーの持つオイル分も抽出され、コーヒー本来の甘みやコク、まろやかさが味わえます。
また細目に挽いた粉と95℃以上のお湯を使うことでコーヒーの成分がしっかりと抽出されますので1杯あたりの粉の量が少なくなり、 1袋で飲める杯数が増えてお得です。

手軽で簡単!カフェプレスで美味しいコーヒー!

送料・無料&半額 新規登録でコーヒー豆100gプレゼント!!

営業カレンダー

2017年5月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

※赤字は休業日です

ゆうかCoffeeブログ