ゆうかCoffeeBlog

コーヒーメーカーとハンドドリップ

最近のブログは阪神タイガースのことばかりと怒られそうなので、少しコーヒーのことも書いていきます(笑)

先日コーヒーメーカーよりハンドドリップで淹れたほうがおいしいの?と聞かれました。
何となくハンドドリップで淹れたほうがおいしくなると思ってしまうと思いますが、実際はそんなことないと思いますしコーヒーメーカーでも十分おいしく淹れられます。
そもそも当店でお出しするコーヒーは家庭用のコーヒーメーカーで淹れています。
コーヒーの味わいは、豆の品質と焙煎で9割くらい決まります。
抽出による味の差は1割くらいだと思いますが、ハンドドリップとコーヒーメーカーでペーパーフィルターを使って同じ分量の抽出ならそれほど違いは出ないと思います。
ハンドドリップの利点は淹れているときに香りや状態をダイレクトに感じられることではないかと思います。
これは案外重要なことかもしれませんが、忙しい朝とかそんなこともできませんね。
ですので上手にコーヒーメーカーも使っていけばいいと思います。
普段はコーヒーメーカーで、時間があるときや休日はハンドドリップなど使い分けていくと気軽にコーヒーを楽しめるのではないでしょうか。

ちなみに抽出で一番変わるのはフィルターの質だと思います。
具体的にはペーパーフィルターを使うか金属やナイロンなどのメッシュフィルターを使うかが一番変化を感じると思います。
このことはまた次回に・・・

 

キャンプシーズン

プロ野球はキャンプシーズン真っ盛りですね。
ある意味この時期が一番ワクワクします。
特に最近はSNSやYouTubeが発達したことで、簡単にキャンプの情報や映像が見られるようになってより楽しみが増えました。
以前はニュースで数秒だけ流れる映像とデイリースポーツだけでしたので(笑)

ただこの時期の情報だと毎年優勝してしまうんじゃないかと思いますが、去年のボーアや多くの阪神ファンがトラウマになっているロサリオのようになかなかうまくいかないところがまた阪神らしいですし、それも含めて楽しいですね。

そんな中今年は新外国人選手の来日が遅れていますが、なんといっても新人の佐藤選手が話題を振りまいてますね。
日に日に期待が膨らむ活躍ぶりですが、果たして彼はどうなるのでしょうか?
まぁボーアやロサリオみたいな外国人選手ではないので、いきなり数字を求められるわけではないですし、3年くらいで中軸を打ってくれたらいいなぁと期待しています。
あと今年のキャンプで地味に注目しているのは川相臨時コーチです。
まさかの川相さんですが、近年の課題の守備とバントのスペシャリストですのでとてもありがたいですね。
甲子園は内野は土ですし、外野は浜風の影響と広いフィールドで守備は難しいと思いますが、守備が安定すれば優勝への一番の近道だと思います。
去年の藤波投手のきっかけになった山本臨時コーチのようになるといいなあと期待しています。

 

今年もありがとうございました。

2020年も無事に終了いたしました。
ありがとうございました。

今年はコロナ禍でストレスのかかる毎日でしたね。
そんな中でも皆様に支えられた1年でした。
振り返ってみると、今年は特にコーヒーの持つ力を感じさせてくれた1年だったと思います。

テレワークや在宅勤務が増えて、ご家庭にいる時間が増える中、コーヒーでリフレッシュやリラックスされる方が多かったように思います。
緊急事態宣言以降、お客様と話をする機会も少なくなりましたが、それでも「家で飲むコーヒーが楽しみ」とか「おいしいコーヒーをありがとう」など仰ってくださる方が多くて私自身とても励みになりました。

2021年もよりおいしいコーヒーをお届けできるように頑張っていきたいと思います。