ゆうかCoffeeBlog

送料改定のお知らせ(2018年9月1日~)

皆様にお気軽にコーヒーを楽しんでいただきたい思いで、
送料の負担をできるだけ少なくなるように努力をしてまいりましたが・・・

去年くらいから宅配便の値上げの記事がメディアで取り上げられるようになりました。
そんな中、ついに当店にも郵便局から配送料値上げの見積もりが届きました・・・。
同業者などから情報は聞いていましたが、実際に見積もりを見ると驚くほどの値上げでした。
担当の営業の方といろいろと交渉しましたが・・・
今回のものは本社から直接指示のため営業に権限がないようでどうにもなりませんでした。
現在の料金体系ではゆうかcoffeeで負担しきれない配送料になってしまい、
心苦しいのですが以下のように配送料を見直しさせていただきます。
ご負担おかけいたしますが、どうぞご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

送料
本州 648円 / 北海道・四国・九州 972円 / 沖縄 1296円

ご購入金額によって段階的に送料が割引になります。(コーヒー代の金額のみ対象です)

  • 3,500円以上で324円引き
  • 4,500円以上でさらに324円引き
  • 6,000円以上でさらに324円引き

※詳しくは下記表でご確認ください。

3,500円未満 3,500円以上4500円未満 4,500円以上6000円未満 6,000円以上
本州 648円 324円 無料 無料
北海道・四国・九州 972円 648円 324円 無料
沖縄 1,296円 972円 648円 324円

今やインフラとなった宅配便ですし、そこで働くドライバーさんの大変さも理解しています。
そんな現場のドライバーさんの待遇が少しでもよくなることを期待して今回の大幅な値上げを受け入れましたが、
お客様にも大きな負担をおかけすることになってしまいお詫び申し上げます。

何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

ゆうかcoffee   店主 増田

4月のおすすめコーヒー

今年は春が駆け足でやってきましたね。
浦安のさくらは早くも葉桜になってきました。
少し寂しく感じますね。

4月より定休日を変更いたします。
毎週月曜日は変わりませんが、第二日曜日から第二火曜日に変更になります。
4月は10日(火)がお休みになります。
ご不便おかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

4月のおすすめコーヒーをご紹介いたします。


ルワンダ・ニャルシザ
       250g入り / 単品価格1944円(セット価格1620円)

久しぶりにアフリカ・ルワンダのコーヒーが入荷しました。
アフリカのコーヒーは当店1番人気のエチオピア・イルガチェフやケニアなど個性豊かなコーヒーが多いですがルワンダも個性豊かな魅力あふれるコーヒーです。
フローラル系の豊かな香りと澄みきった透明感、シルキーマウスフィールと言われる繊細な口あたりがとても印象的です。
そしてフローラルにリンゴやオレンジなどの柑橘系の風味が寄り添って甘さとともに明るく広がる余韻へとつながっていきます。
爽やかで明るい印象が残るので、春から初夏にかけての暖かくなるとともに爽やかな季節にぴったりだと思います。

ルワンダは1990年代に民族間の争いで大虐殺があった悲しい歴史があります。
その後の復興にコーヒーが大きく貢献しているようです。
アフリカで最初にカップオブエクセレンスが開催された国でもあるように品質向上の意識も高いので年々向上している注目の産地です。

 

エルサルバドル・アグアカリエンテ  250g入り/1620円(セット価格1080円)

エルサルバドルは中米にある四国くらいの大きさの小さな国です。
コーヒーは古くから栽培されていて中米らしいきれいな味わいが特徴です。
同じ中米でもグァテマラやコスタリカに比べると穏やかな印象で軽やかな味わいです。
アグアカリエンテも私が持つエルサルバドルらしい印象のコーヒーで、きれいでまろやかな口あたり、穏やかで心地いい甘さとすっきりとした後口でいつ飲んでもホッとやわらぐやさしい味わいです。
クッキーなどの焼き菓子によく合うと思いますが、意外と和菓子にもよく合います。
飽きのこない素直な味わいはどなたにでもおすすめです。
エルサルバドルは3~4年前にさび病という病気で大打撃になり生産量が激減しましたが、少しずつ回復してきました。
生産者の方々もとても大変な思いをされてきたようですので少しでも貢献していけたらと思います。

 

深煎りグァテマラ・チマルテナンゴ    250g入り/1620円(セット価格1080円)

当店の深煎りを代表するのがグァテマラで風味豊かでコクがあり、欠かせないコーヒーの1つです。
チマルテナンゴはアンティグアに隣接する地区で今回ご紹介するのは標高1800m以上の高地のものだけを厳選したロットになります。
標高の高い地域のものは、昼夜の寒暖差が激しい影響でしっかりとした味わいになり深煎りにしてもその特徴が表れてきます。
深みある香り、ハニーライクと呼ばれるはちみつのような風味とグァテマラらしいしっかりとしたコク、ビターチョコのような甘みとほろ苦さで飲みごたえのあるコーヒーです。

当店の深煎りすべてに言えることですが、深煎りでも焦がすことなくやわらかな苦みに仕上げるように心がけて焙煎しています。

 

深煎りブレンド・三番瀬   250g入り/1620円(セット価格1080円)

このブレンドは当初浦安マーケットさん専用に作ったブレンドですが、おかげさまで話題に出ることも多くなり当店でも販売することにいたしました。
豊かな香り、深いコク、なめらかな舌触り、甘みあるやわらかな苦みにはちみつのようなリッチな風味が寄り添って長い余韻へとつながる印象的な味わいです。
ブラックだけでなくカフェオレやアイスコーヒーでもおいしいのでおすすめです。

三番瀬は浦安から船橋にかけての干潟で船橋海浜公園ではゴールデンウィークに潮干狩りも楽しめます。
浦安マーケット店主の市川さんがこの地域に広く親しまれるように「三番瀬ブレンド」と名付けていただきました。浦安マーケットでは店内で飲むこともできますので、ぜひ足を運んでみてください。


コーヒーバッグ・三番瀬ブレンド
   10個入り/1620円(セット価格1080円)

三番瀬ブレンドのコーヒーバッグも浦安マーケットさんとコラボで制作いたしました。
カップに1個入れて4分浸けるだけの手軽さでご好評いただいているコーヒーバッグもこれでマイルドなカフェオアシス、カフェインレスのデカフェコロンビア、そして濃いめで豊かなコクの三番瀬と3種類になりお好みに合わせて楽しんでいただけるようになったと思います。

 

試飲のコーヒー

お店では試飲のコーヒーをお出ししていますが「ここで飲むのと家で淹れるのが味が違う気がする・・」と言われることがあります。
でも当店はカフェではなく、ご家庭で美味しくコーヒーを楽しんでいただく為のお店ですので特別な淹れ方はしていないです。
基本的には家庭用のコーヒーメーカーで淹れているだけです。
メリタのアロマサーモの10杯用を使用しています。
分量は1杯あたり5gのコーヒーが目安で、5杯分なら25gといった感じです。
コーヒーメーカーによって少し違いがありますのであくまでも目安にしてください。
(以前使用していたデロンギでは1杯あたり6gで淹れていました。)
水は水道の蛇口に普通の家庭用の浄水器(クリンスイ)をつけて浄水しているだけです。
フィルターはペーパーではなく、ゴールドフィルターを使っています。
ペーパーフィルターで淹れている方が多いと思いますが、違うとすればこのフィルターの差かもしれませんね。

1 / 712345...最後 »