ゆうかCoffeeBlog

4月のおすすめコーヒー

今年は春が駆け足でやってきましたね。
浦安のさくらは早くも葉桜になってきました。
少し寂しく感じますね。

4月より定休日を変更いたします。
毎週月曜日は変わりませんが、第二日曜日から第二火曜日に変更になります。
4月は10日(火)がお休みになります。
ご不便おかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

4月のおすすめコーヒーをご紹介いたします。


ルワンダ・ニャルシザ
       250g入り / 単品価格1944円(セット価格1620円)

久しぶりにアフリカ・ルワンダのコーヒーが入荷しました。
アフリカのコーヒーは当店1番人気のエチオピア・イルガチェフやケニアなど個性豊かなコーヒーが多いですがルワンダも個性豊かな魅力あふれるコーヒーです。
フローラル系の豊かな香りと澄みきった透明感、シルキーマウスフィールと言われる繊細な口あたりがとても印象的です。
そしてフローラルにリンゴやオレンジなどの柑橘系の風味が寄り添って甘さとともに明るく広がる余韻へとつながっていきます。
爽やかで明るい印象が残るので、春から初夏にかけての暖かくなるとともに爽やかな季節にぴったりだと思います。

ルワンダは1990年代に民族間の争いで大虐殺があった悲しい歴史があります。
その後の復興にコーヒーが大きく貢献しているようです。
アフリカで最初にカップオブエクセレンスが開催された国でもあるように品質向上の意識も高いので年々向上している注目の産地です。

 

エルサルバドル・アグアカリエンテ  250g入り/1620円(セット価格1080円)

エルサルバドルは中米にある四国くらいの大きさの小さな国です。
コーヒーは古くから栽培されていて中米らしいきれいな味わいが特徴です。
同じ中米でもグァテマラやコスタリカに比べると穏やかな印象で軽やかな味わいです。
アグアカリエンテも私が持つエルサルバドルらしい印象のコーヒーで、きれいでまろやかな口あたり、穏やかで心地いい甘さとすっきりとした後口でいつ飲んでもホッとやわらぐやさしい味わいです。
クッキーなどの焼き菓子によく合うと思いますが、意外と和菓子にもよく合います。
飽きのこない素直な味わいはどなたにでもおすすめです。
エルサルバドルは3~4年前にさび病という病気で大打撃になり生産量が激減しましたが、少しずつ回復してきました。
生産者の方々もとても大変な思いをされてきたようですので少しでも貢献していけたらと思います。

 

深煎りグァテマラ・チマルテナンゴ    250g入り/1620円(セット価格1080円)

当店の深煎りを代表するのがグァテマラで風味豊かでコクがあり、欠かせないコーヒーの1つです。
チマルテナンゴはアンティグアに隣接する地区で今回ご紹介するのは標高1800m以上の高地のものだけを厳選したロットになります。
標高の高い地域のものは、昼夜の寒暖差が激しい影響でしっかりとした味わいになり深煎りにしてもその特徴が表れてきます。
深みある香り、ハニーライクと呼ばれるはちみつのような風味とグァテマラらしいしっかりとしたコク、ビターチョコのような甘みとほろ苦さで飲みごたえのあるコーヒーです。

当店の深煎りすべてに言えることですが、深煎りでも焦がすことなくやわらかな苦みに仕上げるように心がけて焙煎しています。

 

深煎りブレンド・三番瀬   250g入り/1620円(セット価格1080円)

このブレンドは当初浦安マーケットさん専用に作ったブレンドですが、おかげさまで話題に出ることも多くなり当店でも販売することにいたしました。
豊かな香り、深いコク、なめらかな舌触り、甘みあるやわらかな苦みにはちみつのようなリッチな風味が寄り添って長い余韻へとつながる印象的な味わいです。
ブラックだけでなくカフェオレやアイスコーヒーでもおいしいのでおすすめです。

三番瀬は浦安から船橋にかけての干潟で船橋海浜公園ではゴールデンウィークに潮干狩りも楽しめます。
浦安マーケット店主の市川さんがこの地域に広く親しまれるように「三番瀬ブレンド」と名付けていただきました。浦安マーケットでは店内で飲むこともできますので、ぜひ足を運んでみてください。


コーヒーバッグ・三番瀬ブレンド
   10個入り/1620円(セット価格1080円)

三番瀬ブレンドのコーヒーバッグも浦安マーケットさんとコラボで制作いたしました。
カップに1個入れて4分浸けるだけの手軽さでご好評いただいているコーヒーバッグもこれでマイルドなカフェオアシス、カフェインレスのデカフェコロンビア、そして濃いめで豊かなコクの三番瀬と3種類になりお好みに合わせて楽しんでいただけるようになったと思います。

 

6月のおすすめコーヒー

気が付けば春を通り越し、すっかり初夏になりました。
そんな時期までしばらくブログページを放置してしましました・・・。
申し訳ございません。
今月の新商品のご案内です。

 

コスタリカ・シンリミテス    200g入り / 単品価格1944円(セット価格1620円)

コスタリカ屈指のシンリミテスが今年も入荷しました!
コスタリカは意欲的な生産者が多く、毎年のように新しい物が出てくるような注目の産地です。
そんな中でもシンリミテスは栽培から精製まで一貫して手掛け、毎年のようにカップオブエクセレンスに選ばれる名門中の名門です。
ビジャサルチというコスタリカ独特の品種をハニー精製で仕上げています。

ハニー精製とは完熟実を摘み取り、実を外した後、水槽を使わずにあえてヌメリを残し乾燥させる精製方法で、甘みが増すと言われています。

華やかで品のある香り、繊細できめ細やかなマウスフィール、洋梨やマスカット、リンゴ、グレープフルーツなど様々な味わいが複雑に絡み合い、奥行きのある上質な甘みを形成し彩り豊かな余韻へとつながっていきます。冷めてくるとスパイシーさも感じられていつまでも楽しめるコーヒーです。

『シンリミテス』とは「無限」を意味するそうです。
無限に広がっていきそうな香りと味わいを持った素晴らしいコーヒーを今年もお楽しみください。

 

ケニア・キアンデリ        250g入り / 単品価格1944円(セット価格1620円)

赤ワインのような複雑で芳醇なケニアのコーヒー。私自身好きな産地です。
しかし最近は品種の植え替えが進んできていて、なかなかケニアらしい芳醇さを感じるコーヒーが少なく、とても苦労する産地になってきています。
今回のキアンデリは暑くなるこれからの季節に合うようなすっきりとした印象です。
ケニア独特の香りを放ち、巨峰のような黒ぶどうを思わせる濃縮感、アプリコットやオレンジのようなすっきりさ、アメリカンチェリーやカシスのような風味も重なり、ケニアらしい彩り豊かな味わいです。
余韻も長く続くのですがすっきりとしていて次の一口を誘います。
冷めてくも赤ワインのような複雑さでいつまでも楽しめます。

アイスコーヒーにしてもすっきりとした印象的な味わいになりますのでお試しください。

 

グァテマラ・ラスロサス(中煎り・深煎り)   250g入り / 単品価格1620円(セット価格1080円)

ラスロサスは8つあるグァテマラの産地のうち、メキシコ国境沿いのウエウエテナンゴにある有数の農園です。ウエウエテナンゴはエルインヘルト農園やリベルタッドレゼルバのラボルサ農園などグァテマラを代表する農園が複数ある名産地です。
ラスロサスとはバラの意味で農園主のローランドさんのお母さんがバラが大好きで農園内にもたくさん咲いているそうです。
今年は中煎りと深煎り、違う焙煎で2種用意しました。

中煎りはフローラルでコクある華やかな甘みとオレンジのような風味、きれいでまろやかです。
深煎りはダークチョコのようなやさしい苦みと甘さの一体感、豊かなコクと心地よいキレのある余韻です。

どちらも特徴のある豊かな風味で懐の深さがうかがえる素晴らしいコーヒーです。

 

アイスコーヒーブレンド     250g入り 1080円  /  お得な500g入り 1620円

今年も登場のアイスコーヒーブレンドは深煎りのブレンドになります。
同じタイプの「深煎りエブリデイ」よりもう少し深い印象で「こよい」よりは少しマイルドになります。

基本的にはどのコーヒーでアイスにしてもいいのですが、一般的には深煎りになります。
ただ当店の考えとしてよくある苦いだけのアイスコーヒーではなく、あくまでもやわらかな苦みの中に素材の甘さを感じられる程よいダークローストに仕上げています。
名前はアイスコーヒーブレンドですが、ホットで飲んでもおいしく飲めますしカフェオレにもよく合います。

アイスコーヒーをおいしく作るポイントは、はじめに濃いコーヒーを淹れることです。いつもの粉の量で半分の抽出量、もしくは倍の粉の量でいつもの抽出量にして濃いコーヒーを作り、たっぷりの氷で一気に急冷して下さい。急冷することで香りも残り、風味豊かなアイスコーヒーに仕上がります。

お得な500gパックもご用意しておりますので、たっぷりゴクゴクと楽しんでください。

年末年始のおすすめコーヒー

 

パナマ・エスメラルダ ゲイシャ  100g入り/2700円(セット価格2160円)

現在のコーヒーで一番注目を集めている品種がゲイシャです。
2年くらい前にスターバックスで扱われ250g10000円だったことで話題になったのを覚えている方もいるでしょうか。
ゲイシャはエチオピアの原種で栽培が難しく1本の木になる実も少量のため、ほとんど姿を消していました。
そんなゲイシャが脚光を浴びたのが2004年のベストオブパナマでエスメラルダ農園が出品したものでした。
今回ご紹介するエスメラルダ農園はまさにゲイシャを復活させた農園です。
パナマのコーヒーはゲイシャ以外でもきれいでフローラルなものが多く、当店でもとても人気がありますが、エスメラルダのゲイシャはその最高峰です。
粉にするとジャスミンやスイトピーなど様々な花の香りで幸福感を満たし、口に含むとまるでクリスタルのように澄み切った透明感あふれるきれいさに感銘し、香りとともに膨らむリンゴやキウイフルーツのようなすっきりとした甘さに包まれたかと思うとレモンバーベナやミントのようなハーブ系の余韻で清涼感すら感じられ、最後まで優雅で気品があり胸が高鳴る素晴らしいコーヒーです。

近年はパナマの他の農園や中米他国でもゲイシャの木が育ち、テイスティングする機会が増えましたがなかなかゲイシャらしい鮮やかさが感じられないことが多いです。
栽培の難しさや土壌などが関係していると思います。
エスメラルダのゲイシャはやはり元祖だけあり、初めて味わった時の衝撃を思い出させてくれます。
現在のコーヒーの頂点をぜひとも感じてみてください。

 

ケニア・ンディアラ    250g入り/1944円(セット価格1620円)

当店でもすっかりおなじみになりましたケニアのコーヒーが変わりました。
アフリカのコーヒーは個性豊かなものが多くどれも魅力ですね。
その中でもケニアは豊かな果実味とコクで私も大好きなコーヒーです。
でもこのような風味は本当に少なくて探すのに苦労しています。
毎年違う銘柄を紹介するのはその年によって変わってしまう難しさゆえです。
今回のンディアラは今年カッピングしたとき、即決したお気に入りのロットです。
繊細な口あたりとやわらかなコク、チェリーやアプリコット、オレンジといった豊かな果実感が甘さと相まって複雑さが増していきます。
冷めてくるとすっきりとした赤ワインのような余韻になり幸福感に満たされる素晴らしいコーヒーです。
この複雑な風味はケーキやチョコにも合いますし、ローストビーフなど赤ワインに合いそうな食事の後にもおすすめです。

 

深煎りグァテマラ・チマルテナンゴ1800  250g入り/1620円(セット価格1080円)

当店の濃い味わいで1番人気なのが深煎りグァテマラです。
本当に欠かすことのできないコーヒーですね。
今回ご紹介するのはチマルテナンゴ地区で標高1800m以上の小規模農家の中でも品質管理のよい農家のものを選抜したものになります。
標高の高さは昼夜の気温差が激しく実が締まり、深煎りにも耐えられる要素になります。
グァテマラらしいハニーライクな感じと素材の甘みだけでなく、深煎りにした時のローストによるチョコやキャラメルのような甘さが加わり、やさしい苦みと一体となって満足感が満たされます。
しかし後味はキレ良くすっきりとしているのが人気の秘密なのかなと思います。

素直さとコーヒーらしさ、ブラックやカフェオレにも合う幅広さで皆様におすすめできるコーヒーです。

 

ニューイヤーブレンド     200g入り/1620円(セット価格1080円)

毎年ニューイヤーブレンドは華やかさとまろやかさを意識しています。
家族で集まる機会も多いこの時期にまろやかで優しい甘さと華やかできれいなスッキリさでどなたにでも喜ばれる味わいに仕上げました。
ケーキなどの洋菓子だけでなく和菓子なども食べる機会が多いと思いますが、和菓子にもそっと寄り添ってさりげなくいい仕事をしてくれると思います。

2017年の幕開けもニューイヤーブレンドで皆様の笑顔のお手伝いができたら最高です。

 

1 / 512345