ゆうかCoffeeBlog

年末年始のおすすめコーヒー

 

パナマ・エスメラルダ ゲイシャ  100g入り/2700円(セット価格2160円)

現在のコーヒーで一番注目を集めている品種がゲイシャです。
2年くらい前にスターバックスで扱われ250g10000円だったことで話題になったのを覚えている方もいるでしょうか。
ゲイシャはエチオピアの原種で栽培が難しく1本の木になる実も少量のため、ほとんど姿を消していました。
そんなゲイシャが脚光を浴びたのが2004年のベストオブパナマでエスメラルダ農園が出品したものでした。
今回ご紹介するエスメラルダ農園はまさにゲイシャを復活させた農園です。
パナマのコーヒーはゲイシャ以外でもきれいでフローラルなものが多く、当店でもとても人気がありますが、エスメラルダのゲイシャはその最高峰です。
粉にするとジャスミンやスイトピーなど様々な花の香りで幸福感を満たし、口に含むとまるでクリスタルのように澄み切った透明感あふれるきれいさに感銘し、香りとともに膨らむリンゴやキウイフルーツのようなすっきりとした甘さに包まれたかと思うとレモンバーベナやミントのようなハーブ系の余韻で清涼感すら感じられ、最後まで優雅で気品があり胸が高鳴る素晴らしいコーヒーです。

近年はパナマの他の農園や中米他国でもゲイシャの木が育ち、テイスティングする機会が増えましたがなかなかゲイシャらしい鮮やかさが感じられないことが多いです。
栽培の難しさや土壌などが関係していると思います。
エスメラルダのゲイシャはやはり元祖だけあり、初めて味わった時の衝撃を思い出させてくれます。
現在のコーヒーの頂点をぜひとも感じてみてください。

 

ケニア・ンディアラ    250g入り/1944円(セット価格1620円)

当店でもすっかりおなじみになりましたケニアのコーヒーが変わりました。
アフリカのコーヒーは個性豊かなものが多くどれも魅力ですね。
その中でもケニアは豊かな果実味とコクで私も大好きなコーヒーです。
でもこのような風味は本当に少なくて探すのに苦労しています。
毎年違う銘柄を紹介するのはその年によって変わってしまう難しさゆえです。
今回のンディアラは今年カッピングしたとき、即決したお気に入りのロットです。
繊細な口あたりとやわらかなコク、チェリーやアプリコット、オレンジといった豊かな果実感が甘さと相まって複雑さが増していきます。
冷めてくるとすっきりとした赤ワインのような余韻になり幸福感に満たされる素晴らしいコーヒーです。
この複雑な風味はケーキやチョコにも合いますし、ローストビーフなど赤ワインに合いそうな食事の後にもおすすめです。

 

深煎りグァテマラ・チマルテナンゴ1800  250g入り/1620円(セット価格1080円)

当店の濃い味わいで1番人気なのが深煎りグァテマラです。
本当に欠かすことのできないコーヒーですね。
今回ご紹介するのはチマルテナンゴ地区で標高1800m以上の小規模農家の中でも品質管理のよい農家のものを選抜したものになります。
標高の高さは昼夜の気温差が激しく実が締まり、深煎りにも耐えられる要素になります。
グァテマラらしいハニーライクな感じと素材の甘みだけでなく、深煎りにした時のローストによるチョコやキャラメルのような甘さが加わり、やさしい苦みと一体となって満足感が満たされます。
しかし後味はキレ良くすっきりとしているのが人気の秘密なのかなと思います。

素直さとコーヒーらしさ、ブラックやカフェオレにも合う幅広さで皆様におすすめできるコーヒーです。

 

ニューイヤーブレンド     200g入り/1620円(セット価格1080円)

毎年ニューイヤーブレンドは華やかさとまろやかさを意識しています。
家族で集まる機会も多いこの時期にまろやかで優しい甘さと華やかできれいなスッキリさでどなたにでも喜ばれる味わいに仕上げました。
ケーキなどの洋菓子だけでなく和菓子なども食べる機会が多いと思いますが、和菓子にもそっと寄り添ってさりげなくいい仕事をしてくれると思います。

2017年の幕開けもニューイヤーブレンドで皆様の笑顔のお手伝いができたら最高です。

 

12月のおすすめコーヒー

グァテマラ エルインヘルト・パカマラ  100g入り/2160円(セット価格1620円)

この時期のおなじみとなった世界最高峰のエルインヘルト・パカマラ。今年も同じ区画と最盛期の2番摘みのコンセプションというロットを落札しました。
現在のコーヒーシーンで技術、管理、土壌の肥沃さなどすべての分野で世界一ではないかと農園がこのエルインヘルトです。
そのエルインヘルトの名を世界に轟かせた代表品種がパカマラで過去にカップオブエクセレンスで3年連続1位に輝き、現在はその枠を飛び越え農園独自のオークションが開催されています。
私自身が一番好きなコーヒーでオープン以来仲間と一緒に毎年オークションに参加し落札してきました。
その味わいは圧倒的で芳醇な香りが溢れ出し、口にした瞬間に極上の滑らかさとともに厚みのある味わいが口いっぱいに広がります。ピーチ、カシス、チェリー、黒ブドウ、マンゴーなど、彩り豊かな風味が甘さとともに押し寄せてきて、上質な赤ワインのような複雑な余韻になり長く続きます。

華やかでジューシー、豊潤で妖艶、官能的な魅力でうっとりとさせられる世界最高峰の満足感を今年も味わってください。

 

グァテマラ エルインヘルト・イエローナンス 250g入り/1944円(セット価格1620円)

様々な品種を栽培するエルインヘルト農園の黄色く熟すイエローカツーラとイエローカツアイという2つの品種を1つの区画で育てたものがイエローナンスです。
去年もご紹介してとても好評でしたので今年も何とかご紹介することができました。
パカマラは官能的で脳に訴えてくるような魅力がありますがイエローナンスは洗練されていて優雅で品のある魅力だと感じています。
フローラルな香り、絹のようななめらかな舌触り、みかんや洋梨のような優しさあふれる甘み、ミルクチョコの風味とコク、すべてが一体となってその独特の後を引く後味につながり、いつまでも飲んでいたいと思わせる素晴らしいコーヒーです。
同じ農園で品種違いのコーヒーを飲み比べることなど滅多にできませんしそれぞれが全く別の魅力です。
しかもそれが世界最高といわれるエルインヘルト農園で体験できるこの機会にぜひお試しください。

 

コロンビア ロスイドロス   250g入り/1620円(セット価格1080円)

当店がコロンビアに求めるのはコロンビアマイルドと言われる独特のまろやかさです。
様々なコロンビアコーヒーをご紹介しますが、その中でも定番と言えるのがこのロスイドロスです。
ウィラ県サンアグスティンにあるロスカウチョス生産者協会の64の小農家が生産するこのコーヒーは深みある香り、なめらかな口あたり、まろやかなコク、そしてカシスやアメリカンチェリーなどの濃厚な風味が味わいを豊かにしています。
バランスのいいコーヒーですので、贈り物にも最適です。

 

クリスマスブレンド     200g入り/1620円(セット価格1080円)

今年も一番華やかな季節がやってきましたね。
今年もクリスマスらしい華やかさとケーキに合うちょうどいい濃さを意識してブレンドしています。
華やかな香りとなめらかな舌触り、程よいコクとまろやかな甘みが口いっぱいに広がって心地よい余韻へとつながっていきます。
生クリームでもチョコレートでもその味わいを引き立て、優しく受け流してくれると思います。

クリスマスケーキを引き立てつつ、ひそかに自己主張する風味豊かなブレンドです。

 

11月のおすすめコーヒー

11月になり、急に冷え込んできましたね。早いもので今年もあと2か月・・。
コーヒーのおいしい季節に豊かな味わいのコーヒーが揃いました!

 

ホンジュラスCOE・ブエナス ノチェス 200g入り / 単品価格2160円(セット価格1620円)

ホンジュラスのカップ・オブ・エクセレンス(COE)受賞コーヒーが入荷しました。
COEとはその国の中で最高品質のものを選ぶコンテストで何度もカップテストが行われ、勝ち残ったコーヒーだけに与えられる賞です。
現在はブラジル・コロンビア・グァテマラ・コスタリカ・ホンジュラスで行われています。
ホンジュラスの上質なコーヒーの特徴は、とてもきれいでシルキーな質感だと思います。
しかしその特徴が感じられるのは本当にわずかです。
今回のブエナスノチェスもさすがにCOEを受賞しているだけあって素晴らしいですね。
クリーンでなめらか、香ばしさを伴う質感はまるでヘーゼルナッツのようでもあります。
そしてまろやかで豊かに広がる甘みとその甘さに包まれたオレンジやパインのような風味が一体となって奥行きのある立体的なあじわいを形成しています。

クリーンで豊かな味わいのホンジュラスコーヒーをどうぞお楽しみください。

 

ブラジル・ハイーニャ    250g入り / 単品価格1620円(セット価格1080円)

今年もブラジル屈指のハイーニャが入荷しました。
黄色く熟すイエローブルボンという品種のコーヒーです。
サンパウロ州のモジアナ地区にあるこの農園は標高1300mに位置しブラジルの中でもっとも標高の高い農園の一つです。
この標高の高さからかブラジルコーヒー独特のアーモンドのような香ばしさと中米のコーヒーのようなクリーンできれいな後口が一体となった上品な印象のコーヒーです。
フローラルな香りからアーモンドの香ばしさ、桃やリンゴのようなやさしい甘さ、冷めてくるとオレンジの風味も感じられます。
派手さはありませんが奥ゆかしい華やかさがブラジルコーヒーにはあまり感じない上品さにつながっていると思います。
「ハイーニャ」とは「女王」という意味だそうです。
ブラジルらしからぬ華やかな印象はまさにブラジルコーヒーの女王ですね。

 

深煎りコロンビア・ウィラ ピタリト  250g入り / 単品価格1620円(セット価格1080円)

当店で一番深く焙煎しているコーヒーが深煎りコロンビアです。
去年定番化させてから「こういう深煎りが飲みたかった」などとても多くの感想をいただきました。
今回は豆が変わり、当店でメインに扱うウィラ県からセレクトしました。ピタリトは地域になります。
一番深く焙煎してはいますがよくある苦みが先に来るような深煎りではなく、あくまでもクリーンで甘みを伴ったほろ苦さを心がけています。
コロンビア独特のまろやかさが深煎りでもクリーミーな質感につながりやわらかな印象となっています。
深みのある香り、ビターチョコのような苦みと甘みの一体感、深いコクと長く続く余韻が飲みごたえとなって満足感あるコーヒーです。
ブラック以外でもミルクをたっぷりと加えたカフェオレもおすすめです。
夜の時間が長いこれからの季節にゆったりとお楽しみください。

 

冬のブレンド「あかり」     250g入り / 単品価格1620円(セット価格1080円)

一年を通してお楽しみいただいている季節のブレンドも最後の「あかり」になりました。
寒い日に安らぎを感じる明かりや空気が澄んできれいなこの時期に映えるイルミネーションのあかりなどが名前の由来です。
季節のブレンド中では一番コクがあると思いますが、基本的にはやさしさあふれる味わいでブレンドのラインナップの中では一番軽めです。
広がりのある豊かな香り、まろやかでやさしい甘さと程よいコクでブレンドならではの心地よいハーモニーです。
余韻も豊かに安らぎを感じるようなホッとするイメージで仕上げました。
どなたにでもおすすめできるマイルドでバランスのいいブレンドです。